違法金融業者からの被害対策

闇金業者からの被害を即解決する方法

【闇金融】ハドソン・ジャパンに個人情報送ってしまったらすること!

ハドソン・ジャパンは闇金の詐欺サイトです。正規業者に「ハドソン・ジャパン株式会社」が存在しますが、ここで紹介するのは成りすました闇金です。

来店不要カードローンなど金融業者に成りすまして詐欺行為を実行しているだけです。

他にも貸してくれそうな甘い言葉が書かれていますが実際にはまともにお金を借りることはできません。

ネットからハドソン・ジャパンに申し込みメールを送ってしまったという方は今すぐに闇金対応に強い法律家に無料相談するしかありません。

【全国対応・相談無料・24時間受付】Duelパートナー法律事務所

闇金業者はしつこいですよ。個人情報を知られているとなると放っておくのは危険です。

会社にまで電話を掛けてくるんで早く闇金対策した方がいいです。相手は迷惑行為や法律違反のプロです。

法の専門家、且つ闇金対応に強い法律家に依頼するしかありません。目には目を、闇には闇の断罪をです。

闇金対応が不慣れな司法書士や弁護士に相談しても、最善策を知らないため交渉決裂することが多々あります。闇金対応が得意な専門家に交渉してもらうしかありません。

f:id:master07:20170527184240j:plain

詐称された会社概要

サイト名:ダイレクトワン株式会社

住所:東京都文京区関口1-10-8

連絡先:03-4329-2264

アドレス:info@direct-one.xyz

貸金業登録番号:東海財務局長(12)第00027号

日本貸金業協会会員:第003633号

※正規業者「ダイレクトワン株式会社」の貸金業番号・協会番号を悪用しているだけで一切関係ありません。「ハドソン・ジャパン」「ダイレクトワン」に成りすました闇金です。

※同じ「ハドソンジャパン」を名乗る闇金サイトが他にも存在します。

闇金の手口

具体的な手口はいっぱいあります。

例えば、銀行口座を担保にすると言って騙し取られたり、入金でお貸しすると言って銀行口座をだまし取られて、しばらくすると口座は凍結します。おまけに警察からの呼び出しで他人に口座を渡した行為が違法なので罪に問われます。

白ロム詐欺と言われているスマホをだまし取る詐欺もよく使われる手口です。最終的には業者が買い取るという流れですが、取られるだけで買取金額が振り込まれることはありません。1万円ほどは振り込まれるそうですが、それ以降は逆ギレもしくは連絡が途絶えます。スマホ購入のローンや月々の支払いだけが残ります。

警察に相談することも大事ですが、実際に被害を止めてくれるのは闇金対応に特化している専門の法律家です。

警察に行く場合は逆上して被害が拡大することがあるんで気をつけてくださいね。また、申し込みだけだと被害未然で被害届すら受理されません。

融資をしてくれるような親切で丁寧な話口調で信用させた後は平気で騙してきます。


しっかりと被害対策を立てて、お金を借りる時にはハドソン・ジャパン金融ではなく、法律金利で貸してくれる正規登録された金融業者など安心できる優良消費者金融や銀行系カードローン、カードローン会社に融資依頼をしましょう!